記事一覧 特集一覧 amatteとは? 編集室 お問い合わせ
記事 > 
2020.04.24

ふくぎ茶で一服しませんか

0012 もし海士にお越しになった際は、ふくぎ茶で一息ついてほしい。
島の景色を見ながら。お友達との会話を楽しみながら。その横にふくぎ茶があったらいいなと思っています。

ふくぎ茶の「ふくぎ」とは、クスノキ科のクロモジという樹種の島の呼び名です。島では昔からこの枝葉を薬草茶として、また入浴剤としてお風呂に入れたりして親しまれてきました。
お茶としては爽やかな香りとすっきりした味が特徴的です。色も枝を煮出すタイプのものはピンク色になるのも驚かれます。

また早春に黄色い小花をつけるのですが、山の中の景色でまだ色が少ない中この黄色い小花が目立つので、春の訪れを感じさせてくれる樹でもあります。

わたしはふくぎ茶をつくっている工房である「さくらの家」というところで働いています。ふくぎ茶はおいしいです。しみじみおいしいなと思います。
そしてさくらの家という場所がいい場所です。

今後、amatte見ています」という方がさくらの家を訪ねて来られて、ゆったりとここで一服する。そんなことがあってもいいなと思います。






小室 勇樹
Yuki Omuro

amatte 編集室 / 海士町在住
1984年生まれ、隠岐の島町(旧西郷町)育ち。高校卒業まで隠岐で生活。水産高校で柔道部、農業大学で探検部。図書館とか銭湯、公園みたいなのんびりできる場所が好き。2009年海士町にJターン。2011年より社会福祉法人だんだん さくらの家にて特産品「ふくぎ茶」製造に関わる。

この人の書いた記事をみる



カテゴリー別に一覧をみる
キーワード別に一覧をみる
##amatte##イベント##企画##編集会議#あじさい#おいしい#おすそわけ#おばあちゃん#お雑煮#ご近所さん#そば#ふるさと納税#まき#みかん#イカ#インタビュー#シイの実#ジオ#世間話##休日#体験談##商店#地球#多拠点暮らし#大地#島前高校#島留学#崎みかん#手仕事#手作り#暮らし####梅しごと#漁師#産業##移住#節句#自然#農業#通勤#隠岐ユネスコ世界ジオパーク#


2021.02.16
自分のペースで向き合う
「タイも海士町も『仕事とはこうあるべき』から自由な雰囲気が似ている」ーそう語ってくれたのは、2020年7月の終..
2021.02.08
大根の探究 -漬けるのか、それとも煮込むのか-
この冬の時期に溢れんばかりの収穫を迎える野菜、 それは大根です。 我が家の畑の大根から、ご近所からの頂き物の大..
2021.02.06
【お話会】2/13(土)開催「ゆっくり話して、うっかり脱線しよう」
2月13日(土)の夜、アヅマ堂にて島に住む2人のゲストをお迎えして、お話会をすることになりました。 日々の島暮..
編集室
お問い合わせ