記事一覧 特集一覧 amatteとは? 編集室 お問い合わせ
記事 > 
2020.01.20

島の最高学府で、地域唯一の県立高校

0009 島根県立隠岐島前高校

島の最高学府であり、隠岐島前地域唯一の高校。2008年には生徒数減少で統廃合の危機に瀕したが、海士町を中心とした地元三町村が「よそもの」と協働しながら立ち上がり、「隠岐島前高校魅力化プロジェクト」を発足。

発足当初は、県立高校の管理者である島根県や島根県教育委員会から理解を得ることはできなかったが、「島留学」や「地域課題解決型学習」、公立塾「隠岐國学習センター」立ち上げなど、様々な施策が奏功し、生徒数が90名から180名へと倍増。現在でも海士町の代表的な取組として取り上げられることが多い(2019年度は約160名)。

現在も全校生徒のおよそ60%が島外出身者となっており(そのうち数%は海外出身)、島にありながら日本の公立学校では異例の多様性を誇っている。

アクセス:菱浦港より徒歩10分
住所:島根県隠岐郡海士町大字福井1403
ウェブ:https://www.dozen.ed.jp/






大野 佳祐
Keisuke Ohno

amatte 編集室 / 海士町在住
1979年生まれ、東京育ち。大学卒業後、早稲田大学に職員として入職。競争的資金獲得などで大学のグローバル化を推進。2010年には内山らとともにプライベートでバングラデシュに180人が学ぶ小学校を建設し、現在も運営に関わる。2014年に海士町に移住し、隠岐島前高校魅力化プロジェクトに参画。2017年に株式会社余白探究集団を起業。

この人の書いた記事をみる



カテゴリー別に一覧をみる
キーワード別に一覧をみる
##amatte##イベント##企画##編集会議#あじさい#おいしい#おすそわけ#おばあちゃん#お雑煮#ご近所さん#そば#ふるさと納税#まき#みかん#イカ#インタビュー#シイの実#ジオ#世間話##休日#体験談##商店#地球#多拠点暮らし#大地#島前高校#島留学#崎みかん#手仕事#手作り#暮らし####梅しごと#漁師#産業##移住#節句#自然#農業#通勤#隠岐ユネスコ世界ジオパーク#


2021.02.16
自分のペースで向き合う
「タイも海士町も『仕事とはこうあるべき』から自由な雰囲気が似ている」ーそう語ってくれたのは、2020年7月の終..
2021.02.08
大根の探究 -漬けるのか、それとも煮込むのか-
この冬の時期に溢れんばかりの収穫を迎える野菜、 それは大根です。 我が家の畑の大根から、ご近所からの頂き物の大..
2021.02.06
【お話会】2/13(土)開催「ゆっくり話して、うっかり脱線しよう」
2月13日(土)の夜、アヅマ堂にて島に住む2人のゲストをお迎えして、お話会をすることになりました。 日々の島暮..
編集室
お問い合わせ