記事一覧 特集一覧 amatteとは? 編集室 お問い合わせ
記事 > 
2020.02.01

エンターテイナーなご主人と美人女将のおもてなし

0012 お泊り処 なかむら・お食事処 紺屋

 

3密が売りのお宿、なかむら旅館。

1階のお食事スペースでは「お食事処 紺屋」として夜の居酒屋営業もしています。島外から来た宿泊のお客さんと、紺屋へ食事に来た島内在住のお客さんがざっくばらんに交わる場です。

ご主人は少しばかり無愛想にみえる時もありますが、ちょっとおバカで楽しいこと&音楽をこよなく愛するマイペースなエンターテイナー。気分が乗ったときにはスタッフや女将さんも一緒になって、来訪者を全力で楽しませてくれます。


(左:バイトのロドくん・中央:女将のミカさん・右:スタッフのカズくん)

運が良ければ、紺屋の店内や客室を使って不定期開催される島外アーティストの生ライブを鑑賞できるかもしれません。Facebookのライブスケジュールは要チェックです。

最近の店主は動画編集にもはまっているよう。気になる方は、なかむら旅館の公式YouTubeチャンネルを覗いてみてください。

遊び心満載の店主が腕を振るう紺屋では、隠岐や海士の旬の食材をふんだんに使った料理も、そうでない料理も味わえます。

現在(2020年5月)は、3密が売りのお宿にとって致命傷となるコロナ禍の真っ只中。

乗り切るためにエンターテイナーが考えたのは、自家製とんこつラーメンと旬の特産品(岩牡蠣や白いか等)を全国のなかむら旅館ファンに届ける「仕送り便」プロジェクト。

さまざまなメディアで取り上げられ、応援の輪が広がっています。

withコロナ時代。
離島のエンターテイメント旅館の次の仕掛けはなんでしょうか。

店主、女将さん、スタッフ、常連客...個性豊かでキャラ濃いめな人たちと楽しいひと時を。

 

〈お泊り処 なかむら・お食事処 紺屋〉
アクセス:菱浦港より車で10分 ※送迎可
住所:〒684-0403 島根県隠岐郡海士町大字海士1456-5
電話:08514-2-1717 ※予約可
紺屋営業時間:18:30-22:00(LO:21:00)
紺屋定休日:日曜日(ライブがある場合は営業)
ウェブ:https://www.nakamura-ryokan.com
公式Facebook:https://www.facebook.com/shimayado.nakamura/
公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCcO1alBu61XtNxTdDoSJEyA






吉田 愛梨
Eri Yoshida

amatte 編集室 / 海士町在住
1992年生まれ、京都育ち。社会学修士。大学院在学中に海士町を訪れ、この島特有の暮らしの営みやその中で育まれる人間関係に興味を抱き2019年4月に移住。1年間の短期滞在の予定だったが、居心地が良く引き続きこの地で暮らすことに。住んでいるのに、旅をしているような気分になれる瞬間が好き。

この人の書いた記事をみる



カテゴリー別に一覧をみる
キーワード別に一覧をみる
##amatte##イベント##企画##編集会議#あじさい#おいしい#おすそわけ#おばあちゃん#お雑煮#ご近所さん#そば#ふるさと納税#まき#みかん#イカ#インタビュー#シイの実#ジオ#世間話##休日#体験談##商店#地球#多拠点暮らし#大地#島前高校#島留学#崎みかん#手仕事#手作り#暮らし####梅しごと#漁師#産業##移住#節句#自然#農業#通勤#隠岐ユネスコ世界ジオパーク#


2021.02.16
自分のペースで向き合う
「タイも海士町も『仕事とはこうあるべき』から自由な雰囲気が似ている」ーそう語ってくれたのは、2020年7月の終..
2021.02.08
大根の探究 -漬けるのか、それとも煮込むのか-
この冬の時期に溢れんばかりの収穫を迎える野菜、 それは大根です。 我が家の畑の大根から、ご近所からの頂き物の大..
2021.02.06
【お話会】2/13(土)開催「ゆっくり話して、うっかり脱線しよう」
2月13日(土)の夜、アヅマ堂にて島に住む2人のゲストをお迎えして、お話会をすることになりました。 日々の島暮..
編集室
お問い合わせ